有効成分柿タンニンとは

多くの人にとって不快な気持ちになる体臭。特に加齢臭は独特の臭いで、本人も自覚することもあり嫌になってきますよね。そんな体臭におすすめしたいのが、柿タンニン入りのボディソープなどの商品です。

そもそも、柿タンニンとはどのような有効成分なのでしょうか?
果物の柿の中には、甘い柿と渋柿と呼ばれる二種類がありますよね。この柿の中に含まれる渋み成分が柿タンニンと呼ばれる成分です。だいたい、柿タンニンは分子量15,000という高分子から成り立っており、なんとワインの20倍ものポリフェノールも含まれているんです。

もともとの柿にも柿タンニンは含まれるのですが、それはほんの少しの量です。しかし、果実を絞った汁を数年間発酵させて抽出された柿渋の中には、たくさん含まれています。


この柿タンニンには、様々な効果があります。
代表的なものが、抗菌・殺菌、抗ウイルス。また、免疫力をアップさせるとも言われています。さらに、消臭作用も含まれることから、臭いの改善に効果が期待できます。柿タンニンのこの高い消臭効果を使ったボディソープや石けんも流通が広まっていっています。

そこで気になるのが安全性ですが、もともと自然界にある柿から抽出されているので、安全性は問題なく、1日の摂取量なども特に決められていないようです。

柿タンニンだけでなく、柿に含まれるポリフェノールには、抗酸化作用があるといわれています。そのため、不規則な生活や乱れた食生活を送っている人にとっても救世主なのです。

また、加齢臭は体だけでなく頭皮からも発生しますよね。そのため、柿タンニンを配合したボディソープだけでなく、シャンプーやコンディショナーといった商品があります。これらを毎日こまめに使うことで、数日もすると頭皮の嫌な臭いなども防ぐことができますよ。